2013年10月30日水曜日

M&Aでブレーンが変わっていくハニカムの今後を株主とかで妄想しつつ考えてみる。

ハニカムがアラタナに株式譲渡 ECを再オープンか?
via:http://www.fashionsnap.com/news/2013-10-26/honeyeecom-aratana/topics/

結構前から噂はありましたが、アラタナとはなかなか斜め上行く展開でしたね。
ハニカム前社長の村上氏も



と語っており、まぁ揉めたんだろうなと素朴な感想をさせて頂きます。
しかし、村上氏の名前がほとんど上がってこないのは何故でしょうかね。
 
気になるのはハニカムの今後ですが、報道にあった通りECをやってそこそこ収益、からの「ハニカムさんで動いているシステムなんですよ」とアラタナがECコンサル的な感じでウマーする感じでしょうか。可能性としてはMR PORTER的な動きもアリだとは思いますが、「然うはZOZOがYOOX卸さないwith amazon」だと思います。JACKET REQUIRED(旧BEYES)も忘れないで!

というか、媒体としての価値がほぼブログなためオールアバウト化しないかが心配です。もしブロガーさん達にガイド役を頼むならFPM田中氏を復活させて焼肉ガイドを是非ともお願いしたいです。

と、ここまでどうでもいい話を書きましたが、今回のM&Aで一番気になるのが発起人の藤原ヒロシ氏、清永浩文氏、中村ヒロキ氏のことではないでしょうか。ココではこの三名が主軸と説明されています。

ちなみに今回の譲渡で発起人全員が離れるというのが、もっぱらの噂ですがこれにはあまり驚かないというのが感想です。

というのも、2011年に村上氏から鈴木編集長に代表取締役がバトンタッチした時点でなんらかしらの株式譲渡が行われている可能性が大で、売却に伴う創業者ロックアップは最低で2年となっている事が多いため、仮に発起人達が2011年に売却の取り決めをしていたら今年解除されると仮定できます。なので、このタイミングなのかなと思ってしまいます。

また、2011年の段階で売却していなくても今回の譲渡で手放す可能性はかなり高めです。ハニカムは、この三名の媒体と言ってもいいほど色濃く影響を受けた媒体のため発起人が離れるとなるとコンテンツはもちろんブロガーのメンツやモチベーションにも確実に影響するかと思います。

というか、ブロガーの勧誘はこの三名がいたからこそのメンバーだったと思います。
エリッククラプトンとか、正直HF氏か中村氏のコネクションがなきゃほぼ不可能ですし。なので、今回で手放したとすれば今後はしばらくはブロガーや顔として関わりつつも徐々にフェードアウトという感じになるかと思います。

裏原ブランドは、基本的にメンズ中心なため女性をターゲットにした「.fatale」を立ち上げたのが社長交代の2011年という事を考えると、この時点でなんらかしらの株主間での決断があったように思えます。

鈴木社長がDJしたり、トークショー出たりと何かと表に出るようになったのもこの頃からで、発起人三名とは違う鈴木社長自身のコミュニティを形成して三名が離脱した後の"新生ハニカム"を睨んでの動きともとれますね、今思えば。

で、それらを踏まえた上で今後はどうなんだという感じですが、見通しはよくわかりません。

これまでのハニカムは、「裏原の名残を分かち合おうぜ!」という、非常にわかりやすい方向性で母数はそうではないけど確実に熱狂的なファンがいる層をターゲットにしていました。しかし、コンテンツとしては鉄板だけど広がりがないというのがネックで、SNSが隆盛した現代では広告クライアントから求められるバズ感がイマイチというのがジレンマだったと思います。

 "月間1,600万PVを誇る国内最大級にして海外にも類を見ない情報発信力と影響力をもつファッションメディアです。世界最先端のファッション、アート、カルチャーに関する情報とカッティングエッジなライフスタイルの提案を発信し、国内外から高い評価を得てまいりました。"

via:朝日新聞デジタル

「国内最大級で高い評価(笑)」と今回の件を笑い飛ばすか、明日は我が身ととるかで受け取り方は変わるかと思いますが、少なくともメンズウェブ媒体には考えさせられる出来事でした。是非とも

G○.com「ハニカムが堕ちたか」
○PENERS「くくっ、奴は我らメンズウェブ四天王の中でもっともバズ弱な媒体...。」
W○RED「最先端カッティングエイジメンズウェブ媒体の面汚しめ」
HOU○HNHNM「......」

とどこかの居酒屋で一杯引っ掛けながら、しみじみして欲しいものですね。
それにしても、HOU○HNHNMを正確に読み書きできる人っているんでしょうか。

と、暗い感じの妄想でまとめましたが個人的にはハニカムは大丈夫だと思います。
順調にコンテポラリー路線に移ってますし、黒字化していると仰ってるので。
でもECやる時のブランド名がなんとなーく想像できるので、意外なブランドをドンドン取り入れて欲しいですね。