2013年3月21日木曜日

WWD 山室一幸氏が亡くなった

突然の訃報にただ驚くばかりです。
相当忙しい方だったようで、心労が祟ったのかもしれません。
日本において5本の指に数えられるファッションジャーナリストだったので国内のファッション系メディアには相当痛手かと思います。

心よりおくやみ申し上げます。

2013年3月14日木曜日

なぜおじさんのスーツはダボダボなのか?

おじさんのスーツは、なぜ”ダボダボ”か?バブル時代を引きずる40~50代のオヤジたち

via:東洋経済ONLINE

「時計とは男根の象徴である」。素晴らしい名言が光る良記事ですね。
ダボッとしているのは、本人うんぬんはもちろんですが外部環境の問題もあるかと思います。そもそも5〜60代の年収600万円あたりが買いにいけるスーツ屋さんというのがほぼないかと思います。ファスト系のスーツは若年層が相手になっていますからね。また、俺が決める"オレオレ系"が成功者に多く、販売員も進言できないため本人がそのまま崖にダイブというのが"販売員あるある"ではないでしょうか。

とはいえ、体型が太っているからという理由以外は世代観としかいいようがないため今の20代が50代になったらよほどヒップホップ育ちな人以外はそれなりに体型にあったモノを着るかと思います。

個人的にはスーツは10万円以上の金額になると蘊蓄が増えるだけでパッと見のクオリティを感じにくくコストパフォーマンスは低いかと思います。7〜8万円あたりのセレショオリジナルでも十分なクオリティですよ。これはシャツにも言える事で、3〜4万円出すならイージーオーダーしてスッとウエスト部分で溜まらないようなものを1〜2万で買った方が良いでしょう。ただ、これは見た目の問題で脱いだ時に絶大な威力を発揮するロゴが必要な人は躊躇わずブランドモノを買いましょう。その場合は、蘊蓄系は女子はほぼ知らないため三大メゾンブランドあたりが結局コスパが良かったりします。

そういえば、まわりの年配者でも小物に金をかける人は確かに多いですね。年齢が上になると、小物が高くなるというかオーストリッチやクロコなど素材が高くなる、シルバーよりもゴールドを好む、ネクタイやストールが派手になるという印象です。金持ちかどうかを見分けるコツは皺かと思います。スーツでも毎回クリースが両足揃っているところや膝や内股の皺がないなどクリーニングにちゃんと出しているかがポイントですね。また、靴もジョンロブやエドワードグリーンなどのセレクトは当然として皺部分にしっかりとクリームが入っているかが重要です。やはりそれなりの靴磨きに出さないと、皺部分のメンテナンスは難しいんですね。ソールにゴム張りしてないかも見分けるポイントかと思います。
高級靴をそのまま履けるレベルになればどこかしら上品に見えるため、ダボッとしたスーツでも意外にまともに見えるものです。

2013年3月10日日曜日

ユニクロはブラック企業なのか?

最近、話題の"ユニクロブラック企業説"ですが皆さんはどう思いますか?
僕はユニクロで勤務した事がないですし、そもそもブラック企業に勤めた事が無い(多分)ためブラック企業と言われてもあまりピンときません。ので、まず一般的にブラック企業とは何かを整理してみましょう。

【ブラック企業とは】
1 - 給与が不当に安い
2 - 長時間勤務
3 - 労働環境が劣悪
4 - 法に抵触する恐れがある業務

1 - 給与が不当に安い

一般的に大卒の月給よりも大幅に安い金額になるとブラック企業のレッテルを貼られる可能性があります。高所得の当ブログ読者には意外かもしれませんが、皆さんがよく行くミシュランの星を獲得している料理人もガマンしている事が多いです。

2 - 長時間勤務

"朝3時まで営業!2次会980円プランご用意!"系の飲食がよく該当します。また、朝6時に出社して終電まで仕事、その後「おい、○○先輩が飲みにいくからお前も来い。もちろん割り勘だ」のような業務外労働も考えられます。

3 - 労働環境が劣悪

セクハラやパワハラなどが横行しており、それに対しての対抗手段がない。危険な業務だが危険を回避する仕組みがないなど心身ともに疲弊するのが当てはまります。中年店長と高校生アルバイトが付き合ってしまうようなモラルハザードが起きているところも含まれます。

4 - 法に抵触する恐れがある業務

「消防署の方(角)から来ました」と、消化器を売るような仕事です。言った言わないになるオチがほとんどで、アパレルでよくある「あのメゾンブランドの○○と同じ工場で作っているんですよ」というなんともグレーな接客はシロと致します。

という感じになっています。
さて、"ユニクロブラック企業説"で言われている部分は1の給与と2の長時間勤務でしょうか。ユニクロは店長の月間労働時間の上限を240時間に定めており、違反などの場合は降格処分などにするため240時間以上の労働は各自"自粛"し、規則に抵触しないようにサービス残業するといわれています。このサービス残業が多いことで社員が悲鳴を上げており、サービス残業(無給)がゆえに労働時間に対して給与が低いというのが"ユニクロブラック企業説"の主張です。

今回のケースで現場が解決して欲しいのが「給料が安い問題」なのか、それとも「労働時間が長い問題」なのかで会社としては対処が変わるかと思います。

前者の場合、単純にサービス残業分の賃金を払えば解決。後者の場合は、1店舗につき責任者を2名置き交互に勤務するワークシェア的な仕組みで労働負担を軽減する方法がとれるかと思います。とはいえ、これはなかなか難しく実行ははっきりいって無理でしょう。どちらの場合も、コストが相当増えるためどこで吸収するのかという問題が生まれるためです。また、ワークシェアは必然的に給与が下がり生活維持が難しくなるため、固定費が低い「貯金が捗るわwww」な若手社員は賛成でも住宅ローンや子供を抱える固定費が多い社員の理解は得にくいかと考えられます。

そのため実現性が高そうなのは、"現在抱えている業務を240時間以内に完遂できるオペレーションを開発する"か、"240時間分の仕事量をはじき出してそれ以上の仕事はふらない"です。恐らく後者は、既に作業ごとの時間目安として導入しているかと思います。さらにブラッシュアップさせ様々な指標を作った結果、結局は現在と変わらない作業量でも「240時間以内に可能」という結論になる可能性は否定できません。文学と数字は解釈次第でどうとでもなるので。しかしきちんと数値化した上での業務なら、終わらない場合は自己責任のため各自社会勉強も兼ねて残業でも幾分納得はあるかもしれません。

長くなってしまいましたが、ユニクロはブラック企業かと言われると僕的には全然ホワイトです。
小売りが労働集約型というのは常識だし、多少の失敗もOKで尚かつ給料はちゃんと振り込まれる保証付きですからね。ブラックというのは、FXトレーダーのように四六時中張り付きつつ空いた時間で、マクロやミクロ経済を勉強してなおかつ株情報誌に登場している三流アナリスト(アナリストというのは自身と自社の利益のみを考えるので基本的に三流しかいません)の戯れ言を鼻で笑いつつ、実は含み益を莫大に抱えてて「少し仮眠を取るか」とニンマリと仮眠をしてみたら、寝ている間に隣国がミサイルを打ち上げて強制ロスカットされてた、みたいなものを指すのです。大企業志向でその中でキャリアを積もうと思うなら、郷に入れば郷に従うのは当然で現状を嘆いて企業を変えるよりも外に飛び出して自らを変える方が早いと思います。

個人的に、この問題点のコアな部分はイケイケで東証に寄与しまくりの一流企業に就職して知的労働に従事しているはずだったのに、ロードサイドの店舗で肉体労働に勤しむという入社前とのギャップだと思っています。同情はしますが、大企業に就職してキャリアを積むとはそういうことなのかなと思ってしまいます。本社勤務(この場合は店舗以外)は、遠回り(別業界に就職して転職してくる)したほうが結局は近いというオチが多いので、本当にユニクロが好きで本社で店舗の現状を変えたいと思う人は一度辞めてボスコンでも行ったほうがいいのではないかと思います。また帰ってくる時に、辞めたときの理想を覚えていればの話ですが。





2013年3月6日水曜日

販売員の給料が安い理由を考えてみた

ファッション業界の年収クリーデンスが調査 プレス担当や営業が高収入
via-Fashionsnap.com

少し古いネタですが、簡単に比較しながら何故販売員の給与が安いのか見てみましょう。
現状の"お客さんに接する"職業を比較したのがこれです。

【25〜29歳】
営業(OEM含む平均)→359万円
店長→303万円(営業との差額56万円)
販売→272万円(店長との差額→31万円、営業との差額87万円)

【30〜34歳】

営業(OEM含む平均)→405万円
店長→349万円(営業との差額56万円)
販売→319万円(店長との差額→30万円、営業との差額86万円)

【35〜39歳】

営業(OEM含む平均)→481万円
店長→416万円(営業との差額65万円)
販売→356万円(店長との差額→60万円、営業との差額125万円)

という事になっています。
20代から営業と販売員の間には87万円の差が発生し、35歳〜39歳に至っては125万円に広がります。外資系によくあるアップorアウトの精神で言えば、30代半ばでもマネージャー職にアップできないヒラの販売員はアウトしたほうがいいですよ、と退職のススメを給与明細という月刊紙で会社が自費出版しているようなものですね。一方、販売員の延長線上にある店長とは35〜39歳で60万円の開きとやや微妙な額ながら、月額5万円ほどが店長手当と考えると役ナシ従業員には納得感はあるかと思います。

さて、何故販売員の給与が少ないかと考えると簡単に言ってしまえば付加価値がつきにくい仕事だからでしょう。店舗に運ばれた時点で、商品は完成しており店舗で商品自体に付加できる価値はほぼありません。接客が良かろうが悪かろうが、プライスは動かないしプロダクトクオリティも向上しません。どんなに店員の愛想がよく丁寧な接客を受けても、肝心の料理がまずかったら誰も食べにいかなくなるのと同じで、ファッション業界も例に漏れず商品が命ということになっています。

また、社内的地位が低い部分も関係していると思われます。"製造"側がヒエラルキーの上層を占め、"小売"側は下層に追いやられているため採用時で本社配属がある程度決まっていないとその時点で詰んでいることになります。売ってなんぼの世界でまかり通っている歪な慣習ですが、これは飲食や小売りでも同じ事が言えますね。

小売り側の悩みは、接客ナレッジは本部側に溜まるため良くも悪くも誰がやっても大丈夫な仕組みが作られてしまうことでしょうか。そのような仕組みが出来上がってしまうと店舗に送り込まれる人材は「若くて元気で薄給に耐えられる」で統一され、ランニングコストが増える一定の年齢まできたら自主的に転職してもらう大変新陳代謝が良い組織になります。事務側はそれで都合が良いのですが、現場側は大変でしょうね。販売員の転職は基本的に販売を紹介されるため、無限ループを抜けるには本人自身がそれなりの努力をしなければいけません。
ただ、「仕事終わる→寝るor飲みにいく」というライフサイクルまたは交友関係を作ってしまった中堅どころの販売員にはなかなか難しく思えるため、フレッシュなうちに行動を起こした方が未来は明るそうです。女性においてですが永久就職という大変魅力的なオプションも存在していますが、相手の収入に600万円以上も求めるなら自ら行動を起こした方がいいかもしれませんね。



2013年3月3日日曜日

【アラサー女子向け】覚えておきたい最強クレカランキング

いくらPPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)を駆使していても、なかなか心(経済力)の豊かなパートナーを見分けることができないのがアラサー女子の悩みでしょうか。今回は、そんな知的で悩める当ブログ女子読者に『最強クレカランキング』をお届けしたいと思います。これを見れば、相手のキャッシュフローから潜在成長性までまるわかりです。そういえば、先日の記事は『ラクちん低給』や『激務薄給』という皆さんが既に撤退したマーケットが入っていたことをとりあえずお詫びしておきますね。

今回取り上げるのは、推定年収1,500万円以上のみが持てる最強クレカです。どんな業種職業にせよ、このカードを持っているのは成功者としての位置づけだと推測されます。そのためそれにふさわしい女子として振る舞う必要があり、予備知識を多めに入れておきました。これを読んで、

『え......う、うそでしょ!?私、黒茄子初めて見た。スゴいよ○○君!大好き(ハート)』

と言って、オツムの弱い男達を手玉にとりましょう!


【第1位】American Express Centurion Card(アメリカンエキスプレス・センチュリオンカード)

有史以来誕生したすべてのクレカにおいて霊長類最強との呼び声高いアメリカンエキスプレス・センチュリオンカード、略して雨黒。
全てがチタン素材と勘違いされますが、1枚目はプラスチック素材で別途AMEXに頼むと発行してくれるセカンドカードがチタン素材になっています。なのでプラスチックだからといって偽物だと判断しないように気をつけて下さい。無知は罪です。年会費は367,500円で黒系では最高額となっています。取得はアメックスが認めた方のみインビテーションが送られる方式で、皆さんの前にアメックスがsift outしてくれます。これを持っている独身男性との出会いは、リーチ一発四槓子ドラ8のような確率となっているため、遭遇したら四の五を言わず告りましょう。少なくとも金銭面ではバラ色の生活が待っています。



【第2位】Diners Premium Card(ダイナース・プレミアム・カード)

黒茄子と呼ばれるダイナース・プレミアム。「お金持ちのアメックス、偉い人のダイナース」という格言があるように雨黒は富裕層、黒茄子は特権階級向けと言えます。ダイナースは年配の方から絶大な支持を集めているため、ホルダーの彼を親に紹介する時には「ダイナース且つブラック」という鮨と焼肉が同時に出るフレンチレストランに似たインパクトを発揮します。年会費は105,000円で一般としては常識外ですがコスパは大変よろしいかと思います。使えるところがやや少ないと言われますが、それは黒茄子ホルダーが使う店として値しないという意味です。取得はもちろんインビのみ。その人自身のステータスがもろに反映されるため、届かない人には一生届かないカードです。こちらも遭遇率が大変低いため、出会ったらとりあえず告りましょう。




【第3位】SURUGA VISAインフィニットカード(スルガ・ビザ・インフィニットカード)

VISAの最高ランク『インフィニットカード』で唯一の国内発行といわれる『SURUGA VISAインフィニットカード』。額面はもちろんブラック。ほぼどこでも使える最強スペックが特徴の一枚。年会費は126,000円。こちらは額面は良いのですが、名称にスルガが入っているのが唯一ネックとなっております。何故スルガ銀行なのか担当者を問いつめたくなりますね。本来のポテンシャルを考えると雨黒と伍して戦える実力ですが、名称のためかそれとも審査が厳しすぎるのか、持っている人は雨黒、黒茄子以上にいません。一説ではスルガ口座の預金残高が審査基準といわれており、スルガに口座を作りそこにハンパではない金を突っ込むという大変高いハードルがあるようです。もし噂が本当なら預金通帳にとてつもない額が印字されていることが確定しますが、このレベルになると当座預金だと思いますので通帳はございません。あしからず。




【第4位】SBIワールドMasterCard(エスビーアイ・ワールド・マスターカード)

プライスレスなマスターカードの最上級ランク"ワールドマスターカード"のSBI ワールドMasterCard。国内では姉妹カードのSEVEN HILLS ワールドカードも含め、何故かSBI系のみとなっております。どこでも使える汎用性とマスターカードという知名度は抜群で、一部のクレヲタからは絶大な支持を得ています。ただ、如何せん額面の半分近くを占める球体がブラック感を無くしており、様々な意味で"グレーカード"と呼んだ方がしっくりくるのが残念極まりないです。そのため、あまり人気がなくこの価格帯なら雨白かクラスを目指す方が多いです。年会費は15万円ほどといわれており十分ブラックな価格です。一応、証券口座もインビ審査の対象と予測されますのでお付き合い後に彼の資産運用や残高を確認する楽しみもついてきますよ。


【第5位】American Express Platinum Card(アメリカンエキスプレス・プラチナカード)

ブラックカードと比較してやや現実味を帯びるプラチナカード。プラチナカードになると色々と出てきますが、頭3つ飛び出てケルベロスな感じで間違いなくAMEXプラチナ(雨白)が挙げられるでしょう。一瞥すると普通のカードに見える奥ゆかしさが外資系や偏差値60以上の高学歴女子に刺さりまくる対アラサー女子最強カードです。雨黒予備軍(雨黒は雨白ホルダーから選ばれます)と位置づけられるため、青田買い的側面も強く周辺との激戦が予想されます。ちなみにこちらもインビのみ。噂では毎年1,000万円ほど決済しているゴールド会員なら"きっと届く"とのことですが、詳細は不明。年会費は去年までは105,000円でしたが今年から値上げで13万強となったようです。プラチナという名のただのプラスチックですが、男性の心は大変脆いのでそれは口に出してはいけません。一般的にAMEXのプラチナは年会費が超高額で見栄のために持ち続けるのが大変だと言われています。そのため持っている人に出会ったら、来年も持つのかを聞いてからお付き合いを判断しましょう。



【第6位】JCB THE CLASS(ジェイシービー・ザ・クラス)

通称、階級。国内クレカの雄JCBが送り出す最高ランクのカード。ややこしいのが、カード面はブラック、内容はプラチナ、評価は自己責任でというところ。どの部分でこのカードを定義するのかで価値が変わる希有な存在ですが、取り急ぎプラチナと致します。国内のカードらしくコンシェルジュが優秀と評判。皆さんが困った時にさりげなく取り出し、電話口にカード番号を唱える彼の姿は真の上流階級者。年会費は、52,500円で最高のコスパとなっております。わかっている人ならブラックという判断はありえませんが、一般には「ブラック」と受け取られる&年会費が安いためAMEXプラチナの前にこちらを狙う人も多いです。取得はもちろん大変難しいですが、目的に対して最短ルートを選べる慧眼の持ち主と言えます。カード面でブラックカードと一般の人は善解してくれるので、もし出会ったら多少の見栄を張っても「昨日こ〃飯食∧〃た人フ〃ラッ勹ヵ→├〃た〃ったょ(昨日御飯食べた人ブラックカードだったよ)」と周りにLINEしましょう。


さぁ、どうでしょうか?まわりに上記のカードを持っている人はいましたか?
すべてインビが来てから審査(インビを送っといて審査で落とすことも多々)という、イニシアチブを完全に向こう側に握られたカード達です。

異論反論はあるかもしれませんが、通常はこれに三井住友やMUFG、CITIセレクトなどの銀行系プラチナが入るかと思います。が、自分で申し込めるプラチナカードはプラチナに非ずということで今回は対象外とさせていただきました。ランクインしたカードは、年会費がやや張るためホルダーは40歳以上が多いと思います。なので独身者を見かけたらとりあえずホールドすることをおススメします。

ちなみに私からの注意点は、

女性→クレカを持っていない資産家は大勢いますので、プラスチック1枚程度で一喜一憂しないようにしましょう。

男性→クレカと車と腕時計で男を判断する女性にロクな人はいませんので十分に注意して下さい。

です。それでは、よい出会いを期待しています。