2013年2月28日木曜日

【ガジェット】mophie Juice pack helium

mophie juice pack helium for iPhone 5 ダークメタリック MOP-PH-000027

iPhone5のバッテリーは、ケース型でパッとしないものが多かったですがやっとmophieからiPhone5用が登場するみたいで現在amazonで予約受付中です。こちらはheliumで、前のよりも軽量に出来ている分容量がやや少なめです。容量が少し多めのJuice pack airも出るようなのでバッテリーに不安がある方はこちらをオススメです。私はJuice pack plusを購入予定のため、出るかで出ないかをもう少し待つ予定ですがheliumはちょうど良いサイズ感で購入しようか迷い中です。


2013年2月25日月曜日

全未婚女性に送るanan今号 年収×帰宅時間マップが秀逸

誰でも高給器量良し容姿端麗頭脳明晰な人と一生一緒にいてくれやと思いますよね。しかし、見た目も才能も全部ひっくるめても踏ん切りがつかないのが人生です。

そんな悩める適齢期な女性達がバスタブで沈痛なリリックを飛ばせる良企画が今月号のan・anで行われています。その名もずばり「今の仕事のままでいいの?その人と結婚して大丈夫?どっちが幸せ??女の選択」。初めに言うと結論は金です。

「『選択肢は多ければ多いほど良い』と思っていませんか?」と問題提起からスタート。選択肢が多いから悩んでしまうということで選択肢を絞る作業を推奨し、選択眼を磨く事こそが幸せの近道と説いています。ここでそもそも選択肢(出会い)が無い層をバッサリと切り落とす素晴らしい選択眼を披露。初っ端から『体は待ってくれない。問答無用で迫る、結婚&出産の選択』や『専業主婦はもう幻。仕事と家庭、続・女の選択人生』など重いテーマに切り込んでいるため、余計な前提は省いていくのがデキる企画書です。

次は、転職の現状と転職した人の実例が顔写真付きで解説。12名が登場していますが、年収ダウンは3名。ダウンした方は基本的に学生になる人やパラリーガルから植木屋さんに華麗な転職など"夢"のために仕事を辞める"ダウン止むなし系"です。残り9名が年収UPやイーブンというパフォーマンスですが、ページ隅にあるアンケートで『転職前と転職後の年収を教えて下さい』の問いに、転職前の平均年収は『304万円』に対し、転職後は『298万円』というリアルが表示されています。

見所の一つとなるのは、36Pから始まる「結婚」。ここで重点的に分析されるのが、金となっております。『やりがい』などの定量的に分析不可能なものではなく数字として出せるところにしっかりとページが割けるマガジンハウスはさすがですね。ここでは、独身男性(25〜34歳)の平均年収を赤裸々にグラフ化。結果は、

200万円未満→38.6%
200万円〜400万円未満→36.3%
400万円〜600万円未満→19.4%
600万円〜800万円未満→4%
800万円〜1000万円未満→1%
1,000万円以上→0.7%

となっており、東京在住の女性の4割が『男性に期待する年収』という600万円以上は5.7%しかいないという絶望的な結果になっています。ちなみに人口が約1億2778万人(総務省統計局)で、交通事故による負傷者数は85万4493人(内閣府)のため交通事故で負傷する確率は約0.7%となり、年収1,000万円稼ぐ独身男性の生存率とほぼ同じとなっています。

やっかいなのは、ただでさえメタルキング以上のレアキャラをルックスやフィーリングなどで選り好みし、相手も同じオプションを保有しているため、約定する確率は天文学的なものになります。やはりそこを皮膚で感じているのか、次ページで出てくるコメントでは商社マンに『出会ったら何が何でもゲットして!』というゲーム攻略本によくある「この先は君の目で確かめてくれ!」という投げやりとも応援とも取れる編集者の諦観がウルトラソウルとなって読者とのエール交換になっています。

長くなってしまいましたが、最大の見所は38Pの『年収×帰宅時間で判定!あなたのライフプランに合う結婚相手の選択♡丸わかりマップ。』です。ここでは、52の職業を4つのゾーンに分けて年収と将来性、編集部コメントで解説。縦に年収、横に帰宅時間で作られており、ゾーンは

特権階級(弁護士、会計士、医者など)
激務高給(外資系金融、総合商社、TV局など)
ラクちん低給(元国営インフラ、教師、地方銀行など)
激務薄給(ファミレス、飲食、芸能など)

となっています。

狙うならどう考えても特権階級、激務高給ですが、ここの特徴は許認可事業もしくは士業となっており御上の一存でルールが変わる事もあり、外交カードとしても扱われるためある日突然......ということもあるのでご注意下さい。

さて、アパレルはというと予想通り激務薄給ゾーンに鎮座。お隣には美容師も並んでおり、ファッション関係の男性に売り(結婚を求めない)から入った女性には満額回答とも言える結果となりました。ただ、アパレル系や美容系などの参入障壁が低い業種は起業しやすく、TV局40歳の1500万円を軽く超える適齢期の男性がチラホラといることは覚えておいて下さい。その場合は、業種というよりは職種で判別することをお勧めします。

とはいえ、なんだかんだでカネじゃないという人も多いとは思いますが『既婚者に聞いた!結婚してみたらどうでもよかった結婚相手の「条件」ランキング』で

http://ranking.goo.ne.jp/ranking/017/Slczwn7Ej9Qc/

となっていますので、参考にしていただければと思います。
この他、an・an今号では『出産』や『同性だからこそ、誰にでもある、"母という病"について考えよう。』などNatureにアクセプトされるべき力作が揃っていますので直近で合コンを控えている人は即購入して、『この先は君の目で確かめてくれ!』してください。


2013年2月22日金曜日

『きゃりーぱみゅぱみゅ』情熱大陸でIPO達成

こんにちわ、ぐるりです。先日の情熱大陸は見ましたか?僕は予定していたわけではないのですが、リビングで仕事をしていたのでたまたま見ることができました。感想はというと、そんなに環境が良くないステージで踊りながらCD音質に匹敵する歌声を披露する彼女の才能に嫉妬をしつつも、サイリウムとトランス状態の男性達の中から女性客を捜すのは大変だっただろうなぁと撮影クルーの労苦を感じました。

それにしても、20歳で情熱大陸に出演とは素晴しい躍進ですね。おめでとうございます。著名人にとって『情熱大陸』出演は、ベンチャー起業家でいうIPOに匹敵するほどの偉業です。その分、"あがり"の要素も強く出演してからの成長力余力が乏しい場合は上場後マイナスに働く事もしばしばです。

大御所芸能人とは違い、彼女の場合は雑誌にきゃりぱみゅ名義で登場した09年がシードラウンドと考えられ、およそ3年とちょっとでIPOを果たしたことになります。起業からマザーズ上場までの平均年数は8年、 JASDAQ上場までは平均20年位と言われており、相当な速度で最短ルートを飛んできたなという印象です。

通常新興銘柄は、今後の成長を織り込んで株価が形成されるため、今回の出演も09年以来、アソビやワーナー、ナカタヤスタカ氏など錚々たるVCからの調達ラウンドを短期間に成功させた実績、今後の需要増による高い期待感によって上場審査をクリアしたと想像されます。

今後、未公開ながらすでに上場基準を満たしていると考えられる『ももクロ』や一部の熱狂的なユーザーに支持され急成長中の『でんぱ組.inc』などと激しいシェア争いが起こるかもしれません。きゃりーとももクロの競争はナカタヤスタカ氏とヒャダイン氏という共に著名なVCによる代理戦争とも考えられ、アソビというベンチャーがビッグブラザーのスターダストプロモーションにどう戦っていくのかも見所かと思います。

ただ、急激な成長に慣れた株主からさらなる成長を求められキャパシティ以上の案件に手を出してしまい大失敗。という最悪の結果になる可能性も高いため、いずれは長期的な成長を視野にタレント自身によるMBOが起こるかもしれません。タレントが社長になってマネジメント会社を作るというのは、ショービジネスではよくある事ですが、この業界は非常に高度なナレッジが必要なためIPO後も実績を積んで2部(カンブリア宮殿)か1部(日経新聞『私の履歴書』)に鞍替えをするなど万全の体制を組んだ後に行う事をおススメします。

ただ、きゃりーさんは去年すでに米iTunesストア「Top Electronic Albums」部門1位という国外市場での上場も果たしているので、無理して国内で頑張るよりもアソビという長年のパートナーと一緒にユーロネクストらへんを目指すほうが未来が広がるかもしれませんね。

2013年2月20日水曜日

MIXXO(ミッソ)が国内に上陸



MIXXO(ミッソ)が日本に上陸です。3月下旬にそごう横浜店に1号店を出店して、国内でファストファッション事業を展開するようです。一昨年に国内で活動を初め、セブン&アイ・ホールディングスと提携したとのことで、今年中に3〜4店舗を計画とのこと。

MIXXO母体のイーランドはファッション系企業として初めて財閥指定を受けたとしても有名です。ファストファッションではLGグループが『TNGT』、サムスングループの第一毛織が『8seconds』と事業に乗り出しており、財閥の豊富な資金とグループ連携をバックに国外進出が比較的容易なため、これらのブランドもある程度の感触を得た後韓国外に進出するのではと考えられます。

受験の聖地として名高い韓国ですが、優秀な若者のほとんどを財閥系が吸収してしまう事でも有名です。実際、非常に優秀な人が多く忠誠心なども高いところは、国内最強スペック社畜の一種である商社マンとの類似性が多々見受けられます。
イーランドも後発ですが、財閥のため良質な人材を囲っていると考えるとなかなか侮れない部分がありますね。

それにしても、スクリーンショットをとったのですがSPAブランドをスパって読むのは斬新ですね。気持ちはわかりますが、ガウンメーカーだと勘違いされそうです。


2013年2月18日月曜日

フリーランスは必ず読もう伝説の名著:『フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。』

今日から確定申告の受付開始ですね。この時期になって焦って税金関係の本を読み漁る方も多いかと思いますが、税理士にスポットで頼んだ方が結果的に安く上がることも多々です。

しかし、税金関係の本を読むと辟易してしまいますね。つまらない上にわからないの2階建てならまだしも、時間の無駄という3階建てはアイフル建て以上のリスクでしょう。

この手の内容は2パターンに分けられ、1つ目は取りこぼしがないように超細かく網羅しているパターン、2つ目は取っ付きやすいように毒にも薬にもならない内容のタイプです。後者は税理士が執筆していることが多く、いかに税理士業が社会にとって必要かのポジショニングから書かれている事が多いです。

そんな残布以下の存在理由に付き合わなくても良い最高の書籍を紹介したいと思います。
"フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。"です。

この書籍の特徴は税理士を使う法人や個人事業ではなく"フリーランス"という立場で書かれていることです。探せばわかりますが、フリーランスに関する税系書籍は驚くほど少ないです、というか皆無です。『食事代や住居費は経費になるのか』などの超初歩的なものから、『友人が一緒に飲んだ時に経費で落としてくれた』のような微妙にグレーゾーンまでわかりやすく解説しています。

著者と腹黒税理士の対話式の親切設計で、純粋に読み物としても面白いため小学生でもスラスラと読めます。現在出版されている税金関係の本ではまず最初に買っておくべき名著といっても過言ではない一冊です。これを読んで、安心して気になる子にお酒を奢りましょう。

2013年2月17日日曜日

アパレル接客業に最高の副業はお水

プレジデント:銀座クラブママが証言「エラくなる男の共通点」

残念ながらこのクラブママは偉くならなかった方達に囲まれてしまったのでしょう。言葉の端々から忸怩たる思いが滲み出る良記事ですね。アパレル系でもお給料が安いためか、夜の仕事を会社に内緒でしている販売員さんも多いです。

夜のお仕事はとかく社会的地位が低いですが、実は大変役に立ちます。
店を開く前に低価格ウィスキーや余った安いブランデーを何種類か混ぜておいて、あらかじめ用意しておいた空の高級ウイスキーのボトルに充填すれば高い付加価値が生まれるところなどは福袋にそっくりではないでしょうか。金融商品でいうCDOにも通じるものがあるため、証券の理解にも役立ちます。

顧客が訝しげな顔をした際の営業スキルの向上も見逃せません。自尊心をくすぐるトークや顧客の精神状態を管理するVMD知識、ついで買いを誘う連係プレーなどアパレル店員のためにあるような実学の場だと思えてしまいます。

気をつけなければならないのが、このクラブママのように接客業を越えてコンサル業として仕事をしてしまうことです。昼は服、夜はシモを対価として顧客は考えており出世や経営指南を求めている訳ではありません。勘違いをしていると、本業に響くので十分注意して下さい。


2013年2月16日土曜日

ファストリがついにギャップ買収を検討か?


2月15日(ブルームバーグ):15日の米ギャップの株価は過去6カ月余りで最大の上昇。ファーストリテイリング が関心を示したのを受けて、ギャップがアドバイザーを起用したとの報道で買われた。 
ファストリがギャップ買収に興味を持っているとのことでギャップ株が大幅上昇したとブルームバーグが報じています。現在ファストリはグローバルSPAで4位につけており、12年8月期は約9300億円の売上で13年8月期には1兆円に達するのが確実視されています。3位のギャップは、13年1月期で約1兆4000億円(1ドル92円換算)となっており買収が成功した場合売上高は2兆3000億円となりH&M、インディテックスを抜いて世界最大のSPA企業となります。
ファストリがギャップを狙っているのは有名な話で、過去に柳井会長が英タイムズ紙の取材で買収についての可能性にポジティブなコメントを残しています。ギャップはGAPはもちろんバナリパやオールドネイビーなども好調で、先月にはインターミックスを1.3億ドルで買収するなど一時身売りも噂された経営難から急速に立ち直りつつあります。

一般的には身売りなどせずそのまま好調に経営するのがいいのではと思いますが、売り手としてはプレミアムを積んでもらえる絶好のタイミングのため"売り"の判断を捨てきれなかったのでしょう。現在ギャップの時価総額は1兆5000億円ほどなので2兆6000億円あるファストリならいけるかもしれませんが、借り入れを考えると営業利益まるまる突っ込んでも10年以上かかる計算になり、プレミアムをどれだけ乗せるかや利息を考えるさらに返済にかかる負担と期間が増える計算になります。

相当な覚悟が必要な案件ですが、孫氏がボーダフォンを買収する時に真っ先にGOを出したのが柳井氏という逸話を考えるとファストリにとっては本件は明らかなるGO案件かと思います。
唯一、懸念されるのがファストリの買収があまり上手くないというところでしょうか。イスティスマールとのバーニーズ買収合戦や買収した企業の回し方を見ると、買う前と買った後の対応にブラッシュアップが必要です。
それにしてもファストリは2020年には売上高5兆円を目指すといいますが、買収が成功しても半分に達しません。残り7年なのでギリギリになったらイオンあたりを買収するのも手かもしれませんね。現在ギャップの半額程度の約8000億円で売上げ5兆円がついてきます。色々なシナジーもありそうですが、まず初めにヒートファクトをヒートテックに置き換えるところからスタートしそうです。

2013年2月15日金曜日

ドメスティックだと思っていたらそうじゃなかったセブンイレブン






 世界最大のブランドコンサルティング会社Interbrand(インターブランド)が、価値評価ランキング「日本の国内ブランドTOP30」2013年版を発表した。6位にランクインした「ユニクロ」のブランド価値は、グローバルブランドが対象のランキング「Best Global Brands」のトップ100位圏内に近いレベルまで上昇。最もブランド価値を増加させたのは、21位の「無印良品」でプラス38%になった。

via:http://www.fashionsnap.com/news/2013-02-14/japan-brand-top30-2013/


ファッション系ではユニクロや無印良品がランクインしました。
海外売上高比率が30%以下の国内ブランドということですが個人感とは随分違うなと思いました。

ちなみにどう見ても7位か11位までにはランクインするはずと思ってしまうセブンイレブンですが、実は年間売上6兆円の半分が国外からとなっているため除外されています。
15年度には売上げを10兆円にする目標で国内よりも国外からの売上げが大半を占める立派なグローバル企業になる予定です。国内で体力をつけて海外で展開していくという王道なやり方ですが、ハマったようです。小売業で海外勝負できる貴重なジャパンカンパニーのため、ユニクロはセブンイレブンの研究をしっかりしているのではないでしょうか。ちなみにセブンイレブン店舗数は11年12月末の時点で、国内約14,000店に対して国外約31,000店とすでに国外のほうが多くなっています。

"国内ブランド"と銘打っているだけあってNECから積水ハウス、はてはmobageまでザ・ドメスティックな会社が揃っているのでこちらと合わせてみると面白いです。

【日本のグローバル・ブランドTOP30】
http://interbrand.com/ja/knowledge/Japans-Best-Global-Brands/2013/2013-report.aspx

アパレル系だとアシックスが唯一入っています。こちらのほうが全体的に納得感が高いかなと思います。

それにしても13位のTokio Marineってなんだろう?と思ってググってみたら東京海上日動火災のことなんですね。正式名称はTokio Marine & Nichido Fire Insurance Companyで、日動の部分は英訳できず日本語の奥ゆかしさを表現したドメスティックらしい会社名です。

2013年2月14日木曜日

四季報は紙メディアのお手本

「四季報」が在庫切れ、投資熱上がる個人-証券にも電話殺到

2月14日(ブルームバーグ):1936年の創刊以来、日本株投資家のバイブルとされてきた「会社四季報」の新春号(2012年12月発売)が、在庫切れの状況にあることがブルームバーグ・ニュースの調べで分かった。昨年11月以降の相場上昇を背景に、個人投資家が市場に回帰、株式投資熱が盛り上がっていることを示す象徴例だ。  「四季報」発行元の東洋経済新報社によれば、新春号の部数は非開示ながら、前回の秋号(12年9月発売)と比較し50%増えた。また、掲載銘柄数を絞り、四季報の入門版である「会社四季報プロ500」の新春号は、03年の販売開始以降で初めて完売。日本経済新聞社広報グループによると、「日経会社情報」新春号の売れ行きも好調という。  前首相による衆院解散宣言があった昨年11月14日以降、安倍自民党政権の誕生や日本銀行の積極的な金融緩和策実施への期待が高まり、TOPIXは2月12日までに34%上昇。東京証券取引所が公表する投資部門別売買動向によると、外国人の買いと並び個人の売買も活発化し、日本株の売買代金に占める個人のシェアは昨年11月の22%からことし1月には31%に上がった。ネット証券最大手のSBI証券の公表データでは、1月の同証経由の月間売買代金は7兆6142億円と、昨年12月の1.9倍に膨らんでいる。  東洋経済営業推進部の加藤正俊副部長は、「アベノミクスで株価が上昇していくとは思っていたが、ここまで活況になるとは予想できなかった。個人投資家や企業担当者、全国の書店からの問い合わせが非常に多い」と述べた。同社では、新春号は増刷しないが、3月に発売する春号については例年より多めの部数とする方針だ。  株本売れ行き、ライブドア・ショック前に 日本橋・兜町で金融関連の書籍を専門に扱う雄峰堂書店では、四季報新春号を400部入荷したが、店頭に並べてある30部を除き完売した。9月の秋号は、100部以上が売れ残った。外商チーフの森山篤氏は、チャート分析の週刊誌や株の専門書も良く売れており、「これだけ売れているのはライブドア・ショック前の05年の相場以来」と言う。

via-http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130214-00000020-bloom_st-bus_all


四季報が大変良く売れているようです。
キッカケがあるとこの手の出版物は強いですね。
ネット証券口座を持っていれば無料で見れるとは思うのですが、四季報の場合はパラパラとめくって知らない銘柄に出会うことも多いためウェブよりも紙の方を好む方が多いです。紙メディアはこの偶然性を突き詰めるべきかも知れません。


しかし、最近の過熱感は凄いですね。
これから第二のBNFが現れるかが見物です。

2013年2月13日水曜日

Falconですか。





今時はSUVですよね。
BentleyもSUVでFalconを出すようです。
この辺りは、フレンドプライスでevoqueが総取りの印象がありますが今後ハイエンドなメーカーが続々と投入してくることが予想されます。
特に日本の場合は小型orファミリー+ハイエンドブランドがウケるのでポルシェのMacanあたりは1000万以上の所得がある層にはドンズバではないでしょうか。

といっても、東京人はキメの場合以外はあまり興味がないかもしれませんね。
芦屋あたりの駐車スペースが今後見物です。

2013年2月11日月曜日

2/4-2/8の繊研新聞ざっと読み


みなさん繊研新聞ってご存知ですか?この業界紙受難の時代に、アパレル業界紙として日刊を続ける大変恐ろしい新聞です。発行は繊研新聞社。堅い社名とは裏腹に土日が休刊という甘えん坊な性格ですが、長年日本の繊維業界やアパレル業界に可愛がられてきた人気者です。

さて、そんな繊研新聞を業界外の人へお届けしたい気持ちのみで綴る"ざっと読み"。
目についた記事を紹介してみます。
ちなみに定期購読はなぁという人は、朝日新聞の販売所で買えるので気になった方はどうぞ。

ココまでいつもの感じです。
さて行ってみましょう。


【2/4】1月末に4百貨店閉鎖 中小規模でも2,3月も
中小規模の百貨店の閉鎖が続いている。1月31日、そごう呉店(広島県呉市)、西武沼津店(静岡県沼津市)、大丸新長田店(神戸市)、食品専門館の大丸ららぽーと横浜店の4店舗が閉鎖した。2月末には近鉄松下百貨店(山口県周南市)、3月末に浜屋百貨店大村店(長崎県大村市)も閉鎖する。日本百貨店協会によると、12年年間では新設が1店で、閉鎖が6店だった。12年末時点の店舗数は237店。

百貨店の閉鎖が加速してきています。ほとんどは、百貨店という名のスーパーだと思いますが地方での百貨店閉鎖はこれからも増えてくるのではないでしょうか。閉鎖に至る原因は、商圏が駅周辺からロードサイドに移行してしまったの一言に尽きるのではないでしょうか。また、専門店の集合体=SCなどが乱立する地方では百貨店というコンセプトが古いのかもしれませんね。申し訳程度に家電を置いている百貨店もありますが、誰に向けてあのスペースはあるんでしょうね。定価で買って「おまけにリモコンのアルカリ電池つけますね」、わー!お得!という情弱さんはそろそろいない気がします。


【2/5】ルクア今期売り上げ 355億円に上方修正 カード会員好調支える

JR西日本SC開発は、運営する「ルクア」(営業面積2万平方メートル)の今年度(13年3月期)の施設売上見込みを355億円に上方修正した。

梅田を総取りや!1月の単月で34億円達成、年間入館者数は3800万人弱、ルクアカードは23万人弱と立地の良さを生かした素晴らしい数字が並んでいます。グランフロントがオープンする事で相乗効果を見込み、数字もさらに増えることになりそうなのでしばらくはこの調子が続きそうです。


【2/6】スタイライフを完全子会社化へ 楽天

楽天は4日、スタイライフの普通株式と新株予約権すべてを対象に公開買い付けを行い、完全子会社化すると発表した。

グローバルなオポチュニティでベストプラクティスな買収だったんでしょうか。
マガシークがドコモ入り、スタイライフが楽天入りしたことで、ZOZOがインディペンデントな存在としてどう戦うのかが注目されます。マガシークはドコモポイント、スタイライフは楽天ポイントを実装した場合再度激しい価格競争が始まるかもしれません。



【2/7】【自社広告】繊研新聞の人材募集広告が変わりました

見本の広告で【交通】が目黒駅徒歩5分ですが、所在地が中央区日本と書いてあります。
※これは見本です。はわかりますが、もっとしっかりやりましょう。あと鮮明な見本を掲載希望です。



【2/8】
ウィゴー「ドゥニーム」30代狙い再構築 シャープなイメージ発信

ウィゴーはジーンズブランド「ドゥニーム」再強化を始めた。レプリカジーンズというイメージを払拭、スタイリッシュなデニムブランドとして、現在の主力顧客層である30代にブランドを再発信して休眠客を掘り起こし、卸売りも強化する。売り上げは今期(12年月期)約3億円で、来期は3億5000万円~4億円を目指す。

04年の売上げは10億円を超えていたので、三分の一以下に落ち込んでいたようですが、再びやる気を出すようです。この手のジーンズはなかなか厳しいですね。ドゥニームは、レプリカ系ブランドでしたが現在のトレンドであるモダナイズに乗り出すようです。

過去の本格志向→どれだけ本物を再現できるかの一点。旧織り機使用で隠しリベット等のディテール、縦落ち命、シルエットはそのまま、縮みまでも再現。進化とはつまり完全復刻。

現在の本格志向→歴史はあればいいが、とにかくシルエット重視。ディテール無視、色落ちは加工でとにかくシルエット。シューズとの相性や丈をいじるがとにかくシルエット。進化とはつまりモダナイズ。

でしょうか。多くのレプリカジーンズは生地やディテールは良かったのですが、シルエットがそのままというところが若者にウケませんでした。66モデルがシルエット重視というのが関の山でしたしね。
この話は長くなると思いますのでまた別の機会に。
ちなみにドゥニームは09年秋にウィゴーが事業を譲り受けて、リアルマッコイズの社長も加わってドゥニーム・ジャパンが設立されています。



2013年2月9日土曜日

取り戻せ、やんちゃ魂!「バイマ」の弔戦

取り戻せ、やんちゃ魂! 「バイマ」の挑戦

市場に衝撃が走った。これまで、2トップ体制で躍進してきたエニグモの経営者、田中禎人・共同最高経営責任者が1月21日に「卒業」を発表。株主総会後に退社することになったのだ。 エニグモは、昨年7月に東証マザーズに上場した新興ネットベンチャー。同社が手掛けるソーシャルショッピングサイト「BUYMA(バイマ)」は急成長しており、その勢いが止まらない。足元の会員数は100万人を突破、出品数も100万アイテムを超え、昨年夏のサマーセールも取扱高で前期比8割増と伸びている。 日本では手に入らない稀少なブランド品を世界中から手軽に買うことができると、クチコミで人気が広がっている注目サイトがバイマだ。バイヤー(出品者)が、日本にまだ入荷していない世界中の魅力的な商品や国内で完売となった人気商品を見つけて出品。運営するエニグモが、それぞれ5%程度の手数料を受け取る。そのビジネスモデルが当たっている。 そのエニグモを率いてきたのが2人の最高経営責任者、須田将啓と田中禎人だ。ともに博報堂を退社して会社設立に成功した2人。4月26日(金)に行われる株主総会をもって須田ワントップ体制となるはずだが、創業者である2人に、まずはこれまでの軌跡を語ってもらった。

via:http://toyokeizai.net/articles/-/12739


なかなかこのタイミングで抜けるというのはあり得ないですが、1人創業者が残るのが救いでしょうか。退任発表後は25%ほど株価も上がっているため、田中氏にとっては辞められる環境も整ったと思います。

しかし、上場して6ヶ月後に辞任するのはなかなか頂けないです。ここまでくるとあからさまに上場ゴールのため、今後の上場予備軍達のモラルハザードを心配してしまいます。似たようなケースでは、ペーパーボーイ&カンパニー(ペパボ)の家入氏が、ジャスダック上場約3ヶ月後に代表取締役から最高クリエイティブ責任者に人事異動。その後、ペパボから完全フェードアウトしてカフェやリバティなどを創業しているところでしょうか。ペパボ株はほぼ消化しきったと言われています。

創業→上場→資金回収→創業→上場〜というある意味わかりやすい稼ぎ方で、シリアルアントレプレナーとして起業家達の輪の中ではOKなのでしょうか、一般人としては熱く語っておいてそれかと腑に落ちない部分も多々残ってしまいます。

http://www.margoi.com/2013/01/buyma.html

身内と外野の温度差が少し笑えます。
田中さんには是非とも国産第一号シリアルアントレプレナーとして成長して欲しいですね。

それにしても、卒業って言い方は微妙ですね。
今時使っているのはアイドルかマッキンゼーぐらいですよ。
「BUYMAをBUYCHAします」ぐらいの余裕が欲しかったですね。


2013年2月8日金曜日

年収12億円のネオヒルズ族が登場

先日久しぶりにテレビを見ていたのですがネオヒルズ族というのが登場したんですね。
その代表格で与沢 翼氏という方が登場していました。

その与沢氏が新居の家具を探しに向かった先は「IDC大塚家具 有明本社」。ずっと謎だったんですが、こういう人が僻地まで家具を買いに行って埋め立て地を支えているんですね。ちねみにフェンディの家具を買ってました。これまたこういう人が買うんだなぁと勉強になりました。

どちらかといえば、ライブドアショック以降に登場したベンチャー起業家はもっとナチュラルな家具(ミッドセンチュリー系)やモダンなショップ(コンランやIDEEなど)へ行くので、意外でした。

ただ、住む場所は以前とあまり変わらない感じでヒルズレジデンス、ラトゥール、パークハビオ、プラウドと高層マンションのようですね。

ちなみに与沢氏は年収12億円とのことですが、もちろん信じている情弱さんはいませんよね??アフィリエイトのみでそこまで行ったら神です。厳密に言えばアフィリエイトというシステムにおいては可能ですが、売る商材の問題ですね。

久々にバブリーなものを見てある程度で収入を抑えた方がセンスは保てるのかなと思った次第です。


2013年2月6日水曜日

レスリー・キー逮捕に思うを見て思う

メンズヌード写真集でレスリー・キー逮捕 芸術との境目難しく
写真家のLESLIE KEE(レスリー・キー)が、六本木のギャラリーでわいせつな写真集を販売したとして警視庁に逮捕されたことがわかった。時事通信社によると、LESLIE KEEは2月2日に男性モデルの性器などが写ったヌード写真集を販売しており、わいせつ図画頒布の罪に該当するという。著名な芸術家の作品に対して表現の自由の定義を問う問題だけに、様々な意見が飛び交っている。


via:http://www.fashionsnap.com/news/2013-02-04/leslie-kee-arrest/

ファッション業界に衝撃を与えたニュースですが、様々な反応を呼んでいます。
レスリー氏を撮影に使っていた媒体の編集長さんや芸能人の方々、ファッションブロガーまでこの事について言及していますのでレスリー氏についてはここでは特に触れる必要はないのかなと思います。

個人的に思うのは、こういう事件があると条件反射的に起きる”芸術や表現の自由を盾にとにかく擁護”という語る側の進歩の無さです。気持ちはわかるのですが、なんていうんですかね全員が同じスタンスで同じ事を言うのは違和感がありますね。そもそも本件は、芸術性についてうんぬんというよりは、


以前から男性器などが無修整で写った写真集の出版や販売について、被写体となったモデルから抗議も出るなど、物議を醸していたというレスリー。via:http://www.cinematoday.jp/page/N0049995


というようなビジネス部分での問題もあったようです。「いやいや、それは違うよ」と多少嫌われてもレスリー氏に注意してあげる方が、お友達としては正常なのではないでしょうか?一様に、アートだや表現だと語るから度が過ぎた行動をしてしまう訳でチンポムの岡本太郎事件も似たようなものでしょうか。アートや表現の自由なら何やっても良いんですかね。

まぁ、簡単な話全員がポジショントーク炸裂というオチなので何かを期待するのは無理なでしょうから、ファッション業界人の腹の探り合い程度でウォッチしたいかと思います。



2013年2月5日火曜日

スワッガーとフェノメノンが"大怪我"


スワッガーとフェノメノン運営会社が破産申請へ

「SWAGGER(スワッガー)」を展開している有限会社スワッガーが自己破産申請の準備に入ったことがわかった。「PHENOMENON(フェノメノン)」を取り扱っている株式会社アリソンも解散になる予定。「PHENOMENON」については、ブランドの継続に向けて再建する動きも出ている。

via:http://www.fashionsnap.com/news/2013-02-04/swagger-phenomenon/


スワッガーとフェノメノンが、破産申請するようです。
もともとの歴史を辿るとSHAKKAZOMBIEというヒップホップユニットが立ち上げたのが「SWAGGER」で、恵比寿・代官山系ブランドの代表格として大変な人気を誇りました。
04年にBIG-Oこと大澄剛史氏が立ち上げたのが「PHENOMENON」。当時はストリート寄りのSWAGGERと同じくストリート寄りのデザインで人気を博しましたが、10年FWに東京コレクションに参加。ストリートとモードの融合と称され東コレブランドNo.1に上げるジャーナリストも多い看板ブランドとして名を馳せました。

ちなみに大澄氏は、THE CONTEMPORARY FIXの吉井氏と一緒に「MR.GENTLEMAN」を立ち上げるなどPHENOMENON以外にも活躍の場を広げています。今回の影響が「MR.GENTLEMAN」にないといいですね。

PHENOMENONは再建の道を探るようですが、個人的にスワッガーは難しいかなと思います。というのも他を見てみると恵比寿系では、DEVILOCK、Balance Wear Design(BAL)、MACDADDY、SILAS、supremeなどがありましたが、supreme以外はどれも初期の勢いがないくトレンドとして厳しいというのがあるからです。
同じジャンルを原宿で展開していたHECTICやRECON SHOP TOKYO、motiveなども、RECONは閉店し、HECTICはワールドが買収し、motiveは閉鎖しオフィシャルサイトは「便利な通信器具・FAXのより上手な活用のために」というサイトになるなど軒並み厳しい現実が待っていました。

総じてコレ系のブランドは、ブランド廃止か事業縮小、デザイナーが違うコンセプトのブランドを始めるに分かれており同じ状態を維持しているところはほとんどないといえます。そう考えると、スワッガーはブランドとしての役目を終えたのではないのかなと思います。

ちなみにREVOLVER(リボルバー)もコレ系ブランドとして括られていますが、元々はARATAとKIRIがモデルをしていたため"モデルが本当に良いと思える服"を作るというCICATAに似たコンセプトで始まったブランドでした(当時のsmartのKIRIとARATAの連載で発表した気が)。そのためモード寄りなアイテムが主軸でしたが、段々と売れ線の恵比寿系に突入し別ラインでBRAHMANのTOSHI-LOW氏が始めたsuiseedaを店頭に置いた時に革命のピークだったかと思います。その後、残念ながらリボルバーは倒産に至っています。今でももし、あのままモード系で続けていたらどうなったんだろうかと思い出す事があります。

とはいえ、ARATA氏は役者で成功しておりKIRI氏もハニカムを見る限りは元気そうなので倒産=オワタと思わず、今回の2人はもちろん従業員さんもめげずに頑張って欲しいですね。

2013年2月4日月曜日

社会人なら持っていたいイケてるゴールドカードを勝手にランキング

みなさんはクレジットカードを持っていますか?
社会人になると1枚くらいは作った事があるかと思いますが、よくあるのはカード会社に勤めてしまった不運な学友のノルマ協力で作ってしまうことだと思います。何故かそういうカードに限って、額面がゲシュタルト崩壊を起こしているんですよね。

後輩に「JMBローソンPonta先輩」と呼ばれるのも一興ですが、できればスマートに可愛い後輩に「ゴールド先輩」と呼ばれたいものです。ということで、今回は見た目がイケている社会人なら持ちたいゴールドカードを勝手にランキングします。



【第1位】

American Express Gold Card(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)



知名度は抜群、「The 外資」なルックスで人気のAmerican Express Gold Card略してアメックスゴールドで通称は雨金。実は国内最初のゴールド・カードという歴史もあり、絶大なブランド力を誇ります。ゴールドと言えば、こちらを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。会員費は27,300円でゴールドでは最高価格帯です。財布から出した時はもちろん、財布の中でも輝きを放つため所有感はかなり高めです。審査はとても厳しいですがトライする価値があるゴールドカードです。ちなみに下のランクになりますが雨緑も額面は大変イケています。



【第2位】

Diners Club Card(ダイナース・クラブ・カード)



平茄子と呼ばれるダイナース・クラブ・カード。「お金持ちのアメックス、偉い人のダイナース」という格言の通り属性(収入や職種など)が高めの方に向けたカードです。額面もグローバルな感じを出しつつ落ち着いたグレーなのであからさまなものが嫌いな方にオススメです。15750円と年会費も慎ましくなっていおりますが、実は平茄子はゴールドではなくプラチナ格として扱われています。そのため取得は他のカードよりも段違いに難しいでしょう。ただ、見た目で言えばアメックスゴールドのほうが見栄えがするため「カレのアメックス、旦那のダイナース」を提案させて頂きます。



【第3位】

CITI Gold Card(シティ・ゴールド・カード)



CITI Gold Card。海外でも使いやすいグローバルゴールドカードとして人気のCITI Gold Cardです。クレカファンの間では質金の愛称で親しまれており、世界基準のゴールドカードとして1枚目に選ばれることが多いです。ヤングエグゼティブ(ヤンエグ)層からの支持が高く、フリーランスや起業家にオススメです。VISAブランドというのも使い勝手が高いため汎用性抜群です。年会費は12600円。



【第4位】


三井住友VISAゴールドカード


三井住友と言えば、VISAが続くくらい抜群の知名度を誇る三井住友VISAゴールドカード(蜜墨金)。国内銀行系ですが額面にはパルテノン神殿が描かれており、「当行はギリシャのようにはなりませんのでご安心下さい」という高い信頼性を感じさせてくれます。年会費は10500円で、ゴールドにモテや羨望を求めない人にはオススメの一枚です。ちなみにランキングするクレカで唯一漢字が登場するデザインとなっています。



【第5位】

MUFGカード ゴールド


こちらも銀行系のMUFGカード ゴールド。「全ゴールドクレカを殲滅させてしまう」とクレカヲタを震撼させた、ゴールドなのに年会費2000円という最強(最狂?)スペックがウリとなっています。とはいえ、見た目は普通のゴールドカードなので入門編としては大変オススメです。ちなみにゴールド先輩が使っているカードとしても有名。1ヶ月170円弱であんなに可愛い後輩に慕われるなら誰でも持ちたくなりますよね。



【第6位】

JCB ゴールド


国内クレジットカード会社の雄、JCBが送るゴールドカード。バブル時代はJCBゴールドこそがゴールドカードというぐらいのステータスを誇っていました。光り輝く額面は日いづる国ジャパンを世界に示しているとかいないとか。微妙に海外で使えないことがあるのがネックとなっていますが、現在でも年配の方には高い支持を受けています。年会費は10500円。



以上、6位までランキングしました。
大体、25歳から申請可能となっていますがJCBは20歳以上、MUFGに至っては18歳以上から申請可能となっています。年齢はあくまでも"原則として"なので30歳以上と書いてあっても条件次第で20代後半なら許可が下りるなど例外は多いです。年収や勤続年数などいくつかの項目と組み合わせて総合的に判断される事が多いようです。

ゴールドの上はプラチナ〜ブラックとありますがこちらは自分から申請できないパターンが多いのでまずはゴールドのクレヒス(クレジットヒストリー)と磨いてカード会社からお誘いが来るのを待ちましょう。こちらも次回にまた勝手にランキングしたいと思います。






2013年2月3日日曜日

サンローランが発売しました。相変わらずのエディでした。

限定アイテムも発売、サンローランの新コンセプトストアがオープン 

【2月1日 MODE PRESS WATCH】阪急メンズ大阪 サンローランストアと新宿伊勢丹 サンローランストアが、新コンセプトストアとして随時リニューアルオープンする。   新コンセプトストアの建築デザインを手がけたのは新クリエイティブディレクターに就任したエディ・スリマン(Hedi Slimane)。阪急メンズ大阪 サンローランストアは2月1日に、新宿伊勢丹 サンローランストアは3月6日にリニューアルオープンする。阪急メンズ大阪 サンローランストアではオープンに合わせて他店舗より一日早くファーストコレクションの先行販売も行われる。   また今回のリニューアルオープンを記念して、阪急メンズ大阪 サンローランストアではブラックスクエアドットのシャツが、新宿伊勢丹 サンローランストアではジャケットとブラウスが限定発売される。どちらも各店舗限定アイテムとなるので、お見逃し無く。(c)MODE PRESS

http://www.afpbb.com/fashion/article/fashion-mp/2924897/10199383


ついに発売しました。かなり人気のようで各地で久しぶりのスキニー行列を見る事ができました。売れ行きも好調のようです。気になるのは、並んでいる信者さんの格好がエディがディオールを退任した2007年とほぼ同じなところ。敬意を表してなのかトレンドに鈍感になってしまったのかはわかりませんが、体型維持しているところは素敵ですね。ただ、当時32歳だったエディが44歳になったのと同じように、往時に比べファンも年齢を重ねた印象があります。緩んでくる体型を服のために鍛える人は稀なため、今後は"人を選ぶ服"を貫くのか"人に選ばれる服"に軌道修正するのかがビジネス的にポイントとなりそうです。





2013年2月2日土曜日

1/28-2/1の繊研新聞ざっと読み

みなさん繊研新聞ってご存知ですか?この業界紙受難の時代に、アパレル業界紙として日刊を続ける大変恐ろしい新聞です。発行は繊研新聞社。堅い社名とは裏腹に土日が休刊という甘えん坊な性格ですが、長年日本の繊維業界やアパレル業界に可愛がられてきた人気者です。

さて、そんな繊研新聞を業界外の人へお届けしたい気持ちのみで綴る"ざっと読み"。
目についた記事を紹介してみます。
ちなみに定期購読はなぁという人は、朝日新聞の販売所で買えるので気になった方はどうぞ。



【1/28付】

・販売・リテイリスト支援のページ ショップに生息する謎の生き物図鑑
暦の上では春の訪れはまだ先ですが、今年も全国で次々と目撃されるショップの珍獣たち。お客様とスタッフ、先輩と後輩スタッフの垣根が低くなったせいでしょうか?

販売員を「舌打ちスズメ」、「季節感なしヒグマ」、「せき止めビーバー」、「そこにいたのかカメレオン」、「すり抜けフェレット」、「ロープレ好きコアラ」、「言い逃れカバ」、「売り逃しトラ」、「レジでサル団子」、「キレイ好きナルシスト猫」、「物忘れニワトリ」、「デリカシー不足ペンギン」の12種に分けて解説。領収書の宛名をブランクにしてと言われてブランク様と書いてしまう販売員には会いたいですね。そもそもブランクでっていいますか?カラでとは良く聞きますが、この場合はKARAと書いてくれそうです。


【1/29付】

・西海岸で「フォーマル・フライデー」 シリコンバレーの起業グループが火付け役
米西海岸の若者の間で、「フォーマル・フライデー」の動きが始まっている。ゲームソフト会社や起業したばかりの若い会社を中心に、金曜日にボータイやネクタイを締めて出社するグループが出始めている。

IT起業家達が金曜日にスーツを着始めたようです。これまでは技術系=西海岸=カジュアル=スタンフォード出身というイメージでしたが、技術オンリー時代からマネジメント能力重視の時代になり、経営系=東海岸=スーツ=ハーバード出身というスタイルが西海岸に流れてきたのかもしれませんね。海外だけではなく国内でもこの流れは顕著で、IT起業家にマネジメント能力を問う投資家は非常に多くなってきています。



【1/30付】

・女性自身と連動しネット販売
光文社と伊藤忠ファッションシステムは、女性週刊誌「女性自身」と連動したインターネット販売事業「女性自身百貨店」をスタートさせた。

売るものは「女性ゆえに求めるモノ・コト・サービスに応える」美容関連商材とのことなので特ダネは売らないようです、残念。


【1/31付】
・マガシーク株取得へ NTTドコモ
NTTドコモは、伊藤忠商事の子会社でファッション商品のネット販売企業マガシークに資本参加する。

キノコどうした?というニュースですが、こちらはなかなか興味深い話ですね。アマゾンに、俺はなる!と語っているドコモですがアマゾンは「サイト(amazon)+端末」です。ちなみにアップルも「サイト(iTunes)+端末」ですのでドコモの「サイト+回線」というのはあまり例がありません。端末はほぼアンドロイドという状態なのでGoogleやサムスンなどを刺激したくなかったのかなと考えてしまいます。相変わらずリスクを取れない日本企業らしい微妙なニュースです。
個人的に気になるのは、野菜とアパレルの両立をユニクロの代わりにドコモが成し遂げたことでしょうか。オチは歴史に学べになるのかしっかり見届けましょう。


【2/1付】
・クロスカンパニー 今期、大幅増収増益へ連結売上高1000億円超
クロスカンパニーは、今期(14年1月期)、期間の「アースミュージック&エコロジー」(アース)をはじめ既存ブランドの国内外での拡大によって大幅な増収増益をめざす。並行して、日本と中国での物流機能を増強し、東南アジアでの生産を拡大するなど「新たな成長のための基盤整備」(石川康晴社長)も進める。

クロスカンパニーが好調のようです。1000億円を連結で狙えるところまできましたが、昨年末に買収したキャンが219億円上乗せする計画のため、本体以外にも買収先をどれだけ回せるかというのがポイントです。ちなみにトムブラウンは7億円(13年2月期見通し6億円)を予定。路面店も出来るのでこちらもどれほど伸びるのか見所です。ですが、見出しはなんとかならないもんですかね。これはちょっと誤解を招くタイトルだと思います。


とさくっときましたが如何だったでしょうか?今週もてんこもりの繊研でした。